正しい特許出願で、企業・技術を守りたい

正しい特許出願で、企業・技術を守りたい

 何故か10年ほど前から、特許申請→審査請求をしますと、およそ6~7割の出願において、29条とは別に、36条違反の拒絶理由通知が多く発せられてきています。
 これらの拒絶で見過ごせないのは、実施可能要件よりも、サポート要件(36条6項1号)、明確性要件(36条6項2号)の違反が増えているということです。
 実際に特許庁J-Plat Patで、任意の企業の公開公報をダウンロードして、請求項等のチェックをしてみると、以下のような誤記・記載ミスが、平均的に発見されるのです。

  ●出願人:電子機器メーカーC社
   2011年公開公報10件中 → 誤記8件(内、請求項2件)
   2016年公開公報10件中 → 誤記9件(内、請求項7件)
   2021年公開公報10件中 → 誤記8件(内、請求項5件)


 サンプル数が少ないとは言え、どの企業も同じような割合で、誤記があることが判明しています。

どうしたら誤記・記載ミスを減らせるのか・・・?

どうしたら誤記・記載ミスを減らせるのか・・・?

 これらのミスを減らす為、どの企業も人手を割き、時間と労力を掛けて、二重三重にチェックされていますが、既に人海では限界がきているのが実情です。
 昨今では、出願時のコスト削減は絶対条件であり、加えて特許文書の品質アップも大きく叫ばれているため、十二分にチェックしたくとも、それが許されるような状況ではありません。
 ですが、出願時のチェックが不十分ですと、後の拒絶OA時やPCT出願後に、大変大きな影響(労力や出費等)を及ぼす場合もありますし、それ以上に、商品・技術が守れないという、由々しき問題も発生してしまいます。

だからお役に立ちたい∞微力ながら一助になりたい。


 弊社は元々、特許、実用新案等の先願調査、無効資料調査を生業に、1992年創業致しましたが、その間(約30年)、経験できないような紛争事件を目の当たりにミッション付けられたのが、何とか「企業を守りたい。技術の進化を支えたい。正しい特許出願の支援をしたい」と強く想い、調査会社のノウハウを活かして、20年前より特許業務支援ソフトを開発してきました。
 現場のひとつひとつの生の声を実直に拾い上げながら、間違いのないと文書作成と、その作成時短の高効率化と、スムーズな特許出願をミッションに、過去より開発追求してきました。

アイビーリサーチ株式会社
代表取締役(特許リエゾン) 藤澤 正人

 これらのミスを減らす為、どの企業も人手を割き、時間と労力を掛けて、二重三重にチェックされていますが、既に人海では限界がきているのが実情です。
 昨今では、出願時のコスト削減は絶対条件であり、加えて特許文書の品質アップも大きく叫ばれているため、十二分にチェックしたくとも、それが許されるような状況ではありません。
 ですが、出願時のチェックが不十分ですと、後の拒絶OA時やPCT出願後に、大変大きな影響(労力や出費等)を及ぼす場合もありますし、それ以上に、商品・技術が守れないという、由々しき問題も発生してしまいます。

だからお役に立ちたい∞微力ながら一助になりたい。

 弊社は元々、特許、実用新案等の先願調査、無効資料調査を生業に、1992年創業致しましたが、その間(約30年)、経験できないような紛争事件を目の当たりにミッション付けられたのが、何とか「企業を守りたい。技術の進化を支えたい。正しい特許出願の支援をしたい」と強く想い、調査会社のノウハウを活かして、20年前より特許業務支援ソフトを開発してきました。
 現場のひとつひとつの生の声を実直に拾い上げながら、間違いのないと文書作成と、その作成時短の高効率化と、スムーズな特許出願をミッションに、過去より開発追求してきました。

アイビーリサーチ株式会社
代表取締役(特許リエゾン) 藤澤 正人

実際にどんな誤記・記載ミスがあるのか…?

弊社が長年、A~Hセクションの特許公報を調査・見聞してきた中で蓄積した
「特許庁が発する、よくある25の拒絶パターン」を動画で解説!

弊社が長年、A~Hセクションの特許公報を調査・見聞してきた中で蓄積した「特許庁が発する、よくある25の拒絶パターン」を動画で解説!

パターン01

符号や名称に誤記がある

    

パターン02
    

図面上に明細書内の符号が無い

      

パターン03

明細書内に図面上の符号が無い

    

パターン04

請求項内に前記付けミスがある

     

パターン05

請求項内のカテゴリーに誤記がある

パターン06

請求項内の従属先にミスがある

パターン07

請求項の構成語句において、
実施形態内で説明していない語句がある

パターン08

請求項内に前記なし語句がある
 

パターン09

マルチ請求項に択一的表現がない
 

パターン10

請求項の上位語に対し、実施形態内で下位語が記載されていない

パターン11

請求項内の数値限定範囲に対し、
外れている表中数値(実施例)がある

パターン12

化学式内の置換基に、
説明が無いものがある

パターン13

誤記や揺らぎ語がある

パターン14

単位や数量に誤記がある

パターン15

連続誤記した単語やフレーズがある

パターン16

曖昧な係り受け文がある

パターン17

長い修飾文がある
 

パターン18

助詞(てにをは)が
間違っている文がある

パターン19

句点が無かったり、
二つ句点が付いている文がある

パターン20

登録商標を記載した場合の表記が無い
 

パターン21

書誌事項に誤記や記載ミスがある
 

パターン22

図面数と「図面の簡単な説明」の記載に
不整合がある

パターン23

式などをコピペした際に不用な記号が入る
 

パターン24

"です・ます"調の誤った文が
記載されている

パターン25

吹き出し等で記載された文が本文にある

正しい特許出願のため企業と技術の進化をソフトウェアで支援

正しい特許出願のため企業と技術の進化をソフトウェアで支援

 多くの特許事務所、企業の知財部門より寄せられた「品質向上」+「コスト削減」という相反するリクエストに、
どうお応えしていけば良いのか、試行錯誤の上、導き出した方法を、それぞれに開発・搭載した「特許ストーリー」シリーズ!
●AI搭載・明細書作成ソフト「アプリケーション版」
●請求項・明細書・図面等の一括チェックソフト「チェッカー版」
●出願後のOA(中間処理)支援ソフト「レスポンス版」
●先願調査や無効資料調査など公報読解支援ソフト「アナライザー版」

まずは、お気軽にお問い合わせください。

 多くの特許事務所、企業の知財部門より寄せられた「品質向上」+「コスト削減」という相反するリクエストに、
どうお応えしていけば良いのか、試行錯誤の上、導き出した方法を、それぞれに開発・搭載した「特許ストーリー」シリーズ!
●AI搭載・明細書作成ソフト「アプリケーション版」
●請求項・明細書・図面等の一括チェックソフト「チェッカー版」
●出願後のOA(中間処理)支援ソフト「レスポンス版」
●先願調査や無効資料調査など公報読解支援ソフト「アナライザー版」

まずは、お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

M社 様(電子機器メーカー)
特許明細書チェック支援『チェッカー版』

【特許ストーリーだから出来た点】
・図面の符号を抽出し、明細書の符号と照合して照合関係が一覧表で確認することが出来ると共に、お互いの符号の照合が不一致な箇所は、表示を換えて見易くしている。
【使い易い機能】
・クレームのツリー表示⇒クレームの従属関係が一目で判る。
・クレームの従属関係の警告メッセージ⇒引用不可能なクレームを引用している従属項の発見に便利、
・請求項内語句チェック⇒権利行使の際に重要となるクレームのサポート要件の有無が容易に把握できる。
【実際に役立った事例】
・【図面の簡単な説明】に記載されている図番の図面イメージが登録されていないことが検索の結果判明した。
・簡単に改善できる機能は、意見要望を行った後のアップデート時に、意見要望した機能が改善されていた。
【要改善点】
・図面の符号の読み取り精度の向上及び読み取り時間の短縮(2018年・改善済み)
・取扱説明書の充実とQA表の装備(2016年・改善済み)
【特許ストーリーに搭載して欲しい機能】
・図面の向きに関係なく図面から符号を読み取る機能(2018年・改善済み)

M社 様
特許明細書チェック支援『チェッカー版』

【特許ストーリーだから出来た点】
・図面の符号を抽出し、明細書の符号と照合して照合関係が一覧表で確認することが出来ると共に、お互いの符号の照合が不一致な箇所は、表示を換えて見易くしている。
【使い易い機能】
・クレームのツリー表示⇒クレームの従属関係が一目で判る。
・クレームの従属関係の警告メッセージ⇒引用不可能なクレームを引用している従属項の発見に便利、
・請求項内語句チェック⇒権利行使の際に重要となるクレームのサポート要件の有無が容易に把握できる。
【実際に役立った事例】
・【図面の簡単な説明】に記載されている図番の図面イメージが登録されていないことが検索の結果判明した。
・簡単に改善できる機能は、意見要望を行った後のアップデート時に、意見要望した機能が改善されていた。
【要改善点】
・図面の符号の読み取り精度の向上及び読み取り時間の短縮(2018年・改善済み)
・取扱説明書の充実とQA表の装備(2016年・改善済み)
【特許ストーリーに搭載して欲しい機能】
・図面の向きに関係なく図面から符号を読み取る機能(2018年・改善済み)



S様(特許翻訳)
英文明細書チェック支援『チェッカー版 English Ver.』

 無事にダウンロードして使用することができました。すでに大変満足しています。
特許事務所に15年ほど勤務した後、フリーランス特許翻訳をしていますが、符号のチェックや、単語の冠詞のチェックなどに、ずいぶん時間がかかっていて、困っていました。 事務所に勤務していた時に、特許ストーリーを使用していましたので、そのことを思い出した次第です。
本当に数分で、チェックを終了することができ、助かりました。
今後、もっといろいろな機能についても使用したいと思っています。

S(特許翻訳)
英文明細書チェック支援『チェッカー版 English Ver.』

 無事にダウンロードして使用することができました。すでに大変満足しています。
特許事務所に15年ほど勤務した後、フリーランス特許翻訳をしていますが、符号のチェックや、単語の冠詞のチェックなどに、ずいぶん時間がかかっていて、困っていました。 事務所に勤務していた時に、特許ストーリーを使用していましたので、そのことを思い出した次第です。
本当に数分で、チェックを終了することができ、助かりました。
今後、もっといろいろな機能についても使用したいと思っています。



P社 様(電子機器メーカー)
特許明細書作成支援『アプリケーション版』&チェック支援『チェッカー版』

【良かった点】
(1)クレームツリー
自動的にクレームツリーを作成し、その際、従属関係や浮いた用語のチェックが出来るので、そのようなミスの発見には便利だと思います。
(2)用語・符号の抽出
実施の形態から符号およびその直前の用語を抽出してくれます。発明者作成の明細書作成について、用語の統一を図るのに便利です。
(3)例文
実施の形態の書き出しや図面の説明、各構成要件の説明などについて例文が用意されていますので、本当に初めての人には参考になるかもしれません。
【要改善点】
(1)例文がプアー
例文がプアーで、知財担当はまず使わないと思います。発明者も既に使っている雛形に書かれた文章ですので、特に、例文を使う機会は少ないのではないかと思います。
反対に例文を充実させると、その分、例文の検索に時間がかかりそうです。
いずれにしても「基本例文」というのは一見よさそうなのですが、実際には余り使えないと思います。(2019年・改善済み)
(2)明細書の作成順序
背景技術、課題等を一通り書いてから実施の形態を書くという、伝統的な作成順序が示されていますが、これだと、多くの発明者が実施の形態にたどり着く前に疲れてしまうという過去の失敗を踏んでしまうと思います。(2019年・改善済み)


P社 様(電子機器メーカー)
特許明細書作成支援『アプリケーション版』&チェック支援『チェッカー版』

【良かった点】
(1)クレームツリー
自動的にクレームツリーを作成し、その際、従属関係や浮いた用語のチェックが出来るので、そのようなミスの発見には便利だと思います。
(2)用語・符号の抽出
実施の形態から符号およびその直前の用語を抽出してくれます。発明者作成の明細書作成について、用語の統一を図るのに便利です。
(3)例文
実施の形態の書き出しや図面の説明、各構成要件の説明などについて例文が用意されていますので、本当に初めての人には参考になるかもしれません。
【要改善点】
(1)例文がプアー
例文がプアーで、知財担当はまず使わないと思います。発明者も既に使っている雛形に書かれた文章ですので、特に、例文を使う機会は少ないのではないかと思います。
反対に例文を充実させると、その分、例文の検索に時間がかかりそうです。
いずれにしても「基本例文」というのは一見よさそうなのですが、実際には余り使えないと思います。(2019年・改善済み)
(2)明細書の作成順序
背景技術、課題等を一通り書いてから実施の形態を書くという、伝統的な作成順序が示されていますが、これだと、多くの発明者が実施の形態にたどり着く前に疲れてしまうという過去の失敗を踏んでしまうと思います。(2019年・改善済み)



E社 様(電気・機械メーカー)
拒絶等中間処理支援ソフト『レスポンス版』

 本製品を使用することで、従来紙資料と記憶に依存していた部分が画面上に明確に表示(見える化)されるため、例えば拒絶引例が多い場合には構成要素の抽出漏れや比較漏れが防止され、ひいては審査官の意図するところの拒絶理由を短時間で把握でき、これに応答する有効な方策を効率的に検討する上で、極めて有用性が高いものと評価しています。
 一方、明細書作成以上に中間処理応答処理は、形式化するには困難性が高いと認識していますが、貴社のノウハウを集積すれば、まだまだ進化するソフトウエアであるとも感じました。 
 例えば、貴社の特許ストーリー・チェッカー版の機能の一部を利用すれば、分析(応答方針の検討)のみならず、補正クレームの作成やそのチェックも可能ではないかと考えています。

E社 様(電気・機械メーカー)
拒絶等中間処理支援ソフト『レスポンス版』

 本製品を使用することで、従来紙資料と記憶に依存していた部分が画面上に明確に表示(見える化)されるため、例えば拒絶引例が多い場合には構成要素の抽出漏れや比較漏れが防止され、ひいては審査官の意図するところの拒絶理由を短時間で把握でき、これに応答する有効な方策を効率的に検討する上で、極めて有用性が高いものと評価しています。
 一方、明細書作成以上に中間処理応答処理は、形式化するには困難性が高いと認識していますが、貴社のノウハウを集積すれば、まだまだ進化するソフトウエアであるとも感じました。 
 例えば、貴社の特許ストーリー・チェッカー版の機能の一部を利用すれば、分析(応答方針の検討)のみならず、補正クレームの作成やそのチェックも可能ではないかと考えています。



D社 様(電子機器メーカー)
公報読解支援ソフト『アナライザー版』

【良かった点】
・各請求項の構成要件を展開し、構成要件から実施形態で使用されている箇所が即確認できる点
・符号の使われ方、重複が即確認できる点は良いと思いました。
【要改善点】
図面への符号記載は、手書きで行うこと自体、問題と感じていない。(手書きすることで内容を理解しながら作業を進めている)
公報を読む前の準備として作業が面倒過ぎると思います。
特に、公報を紙で読む場合には、読みながら符号を確認(符号を図面に手書き)しながら読んでいるので、二重手間になると思います。モニターで公報を読み慣れている人には便利かも知れませんが…
図面の番号に、一挙に部位名(部品名)が、重なって出力され、移動させるのに手間がかかるように思います。
「特許請求の範囲」や「発明の詳細な説明(特に実施形態)」を読む際に、該当する箇所を一つ一つ確認しながら読むのですが、その際に、部位名が重なっていることが支障となり、結構時間がかかっています。(2020年・改善済み)

D社 様(電子機器メーカー)
公報読解支援ソフト『アナライザー版』

【良かった点】
・各請求項の構成要件を展開し、構成要件から実施形態で使用されている箇所が即確認できる点
・符号の使われ方、重複が即確認できる点は良いと思いました。
【要改善点】
図面への符号記載は、手書きで行うこと自体、問題と感じていない。(手書きすることで内容を理解しながら作業を進めている)
公報を読む前の準備として作業が面倒過ぎると思います。
特に、公報を紙で読む場合には、読みながら符号を確認(符号を図面に手書き)しながら読んでいるので、二重手間になると思います。モニターで公報を読み慣れている人には便利かも知れませんが…
図面の番号に、一挙に部位名(部品名)が、重なって出力され、移動させるのに手間がかかるように思います。
「特許請求の範囲」や「発明の詳細な説明(特に実施形態)」を読む際に、該当する箇所を一つ一つ確認しながら読むのですが、その際に、部位名が重なっていることが支障となり、結構時間がかかっています。(2020年・改善済み)