明細書チェック支援

チェッカー版 Word add-in typeK

チェッカー版
Word add-in typeK

切り餅事件(平成23年(ネ)第10002号・特許権侵害差止等請求事件)は、知財問題だけに留まらず、法務全般問題として取扱説明書や契約書関係にも及んだ事件でした。
特に、請求項の構成解釈において、知財高裁では真逆の判決が出るほどの、悩ましく恐ろしい内容でした。
そう言った係争に発展しないようにするため、どのようにクレームや明細書をチェックして行けば良いのでしょうか?
恐らく、読む人が変われば解釈も変わりますので、人海でのチェックは非常に難しいと言えます。
そこで登場したのが、AIを活用した曖昧文チェックができる本ソフトです。
読点の入れ方で曖昧、係り受けが曖昧、てにをはが曖昧、長い修飾となっていて曖昧、主語がないから曖昧等など、人海では気付かない曖昧文をアラートしてくれます。


【その他製品との違い】タイプKでできること
・明細書内の曖昧な係り受け文をハイライト表示
・AI診断により修正方法を提案

切り餅事件(平成23年(ネ)第10002号・特許権侵害差止等請求事件)は、知財問題だけに留まらず、法務全般問題として取扱説明書や契約書関係にも及んだ事件でした。
特に、請求項の構成解釈において、知財高裁では真逆の判決が出るほどの、悩ましく恐ろしい内容でした。
そう言った係争に発展しないようにするため、どのようにクレームや明細書をチェックして行けば良いのでしょうか?
恐らく、読む人が変われば解釈も変わりますので、人海でのチェックは非常に難しいと言えます。
そこで登場したのが、AIを活用した曖昧文チェックができる本ソフトです。
読点の入れ方で曖昧、係り受けが曖昧、てにをはが曖昧、長い修飾となっていて曖昧、主語がないから曖昧等など、人海では気付かない曖昧文をアラートしてくれます。


【その他製品との違い】タイプKでできること
・明細書内の曖昧な係り受け文をハイライト表示
・AI診断により修正方法を提案


活用イメージ

1.チェック対象の書類を選び、診断を開始

1
チェック対象の書類を選び、診断を開始

2.診断結果として曖昧な文章をハイライト

2.診断結果として曖昧な文章をハイライト

明確性要件になりそうな不明瞭な文章を検出し、
曖昧な文としてハイライトします。

3.効果的な修正方法

ハイライトされた文章を、どのように修正すべきか参照しながら考えます。

本ソフトは、フリー(無料)で試用できます。
 ※試用期限あり。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。